カーペットはデザインだけではだけではなく機能性も重視しよう

ラグマット

カーペットを使って居心地の良いリビング作り

綺麗な部屋

インテリアショップでよく目にするカーペット、使ってみたいけれどどのようにコーディネートしたら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。カーペットはインテリアに取り入れるとお部屋がぐっとおしゃれになるだけでなく、床の保護や防音といったメリットもあります。上手にカーペットを使って、居心地の良いリビングを作りたいですね。
まず、定番なのはテレビの前などリビングで一番広いスペースにカーペットを敷く方法です。ここにお気に入りのカーペットを敷くと、カーペットがリビングのメインのアイテムとなったコーディネートをすることができます。ローテーブルが置いてある場合には、テーブルの足で床が傷つくのを防いだり、テーブルが滑るのを防ぐこともできます。ソファーの下にカーペットを敷くのもオススメです。テーブルの下にカーペットを敷く場合と同様に、床の保護や滑り防止というメリットもありますが、ソファーとカーペットを近い距離に置くことでおしゃれなインテリアコーディネートをすることができます。
小さなお子さんがいる場合には、お子さんが遊ぶスペースにカーペットを敷くのもオススメです。遊ぶスペースはここと教えてあげることで必要以上に部屋が散らかるのも防ぐことができますし、おもちゃで床が傷ついたり汚れたりするのも防ぐことができます。お部屋の中を閉塞感なく区切ることができるのもカーペットの良い点です。上手にカーペットをインテリアに取り入れて、居心地の良いリビング作りを楽しんでください。

カーペット選びで注目しておきたいこととは

お部屋のワンポイントアイテムともなるカーペットですが、皆さんはカーペットを選ぶとき、どのような基準で選ばれていますか。カラーやデザイン、または素材などから選ばれている方がほとんどだと思います。しかし、カーペットを選ぶとき、他にも注意しておきたいことがあるのです。毎日使うことが多いカーペットですので、気持ちよく使うためには、デザインなどだけではだけではなく、機能性も重視しなくてはなりません。
カーペットや絨毯をお持ちの方ならご存知かもしれませんが、カーペットなどは掃除機ではなかなか汚れが落ちにくい作りとなっています。そのため、カーペットのお手入れには定期的な選択をおすすめしています。そのため、購入を考えているカーペットがご自宅の洗濯機で洗濯が可能か否かをチェックしておくことが必要です。
また、ペットと一緒に住まわれている方などはダニ防止機能がついているものを選ぶことも大切です。ペットがいないというお宅も、防虫、防臭機能が付いているカーペットを選ぶと安心ではないでしょうか。
カーペットは人々が寛ぐ空間には欠かせないアイテムです。長時間過ごす人もいると思います。ものをこぼしてしまって汚したときにすぐに洗えるよう、洗濯機で洗えて、来客時にも慌てずに済むように防臭機能があるカーペットを選びましょう。

カーペットの選び方と加工の種類を知る

おしゃれな室内空間を作るには、カーテンや床の敷物など、部屋の中でも広い面積を占める場所を工夫することがポイントです。特にここ最近では、カーペットよりもおしゃれな雰囲気が出やすいカーペット派の人も増えているのではないでしょうか。ちなみにカーペットとカーペットの違いは、床全体を覆うタイプの敷物がカーペット、部分的に覆うタイプがカーペットに分類できます。
カーペット選びのコツは、部屋の家具等と調和するデザインやカラーかどうかに着目すると同時に、その商品の特長も重視することです。毎日使うものですし、長く使い続けるためにはカーペットの機能性やメンテナンスしやすさなども見た方がいいでしょう。おしゃれでも使いにくいものだと管理するのにも困ってしまいます。
具体的には、自宅で洗濯可能な素材で作られているものや、抗菌・防臭加工が施されているカーペットだと、清潔で快適に使うことができますよ。家族にアレルギー体質の人がいる場合は、防ダニ加工してあるカーペットだと安心ですね。床暖房がある家なら、暖房を使っている時に敷いても大丈夫なものか事前に確認しておきましょう。小さな子供がいる家庭なら、滑り止め防止加工や、遊び毛や抜け毛が出にくい製法で作られているものがおすすめです。

Information

Post list

TOP